千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

大樹の夢に繋がる話 


エンデリアノート特別編。客観的SQ4ギルメン設定。
ネタバレを激しく含みますゆえ。四層をクリアしていない方は若干閲覧を控えるべきです……
あ、せかいじゅ4ストーリークリアしましたよ。




ばとんはもうちょっとまってね!

☆一軍

ハルダナ(金髪?ルーンマスター/メディック)
・ハルダナ=シーフェス
・19歳ほど
・私/僕
・イリアスの双子の兄
・物静か
・意思はしっかりとしている、動揺しにくい
・頑固
・人の後ろをついていく
・高所恐怖症。気球こわい
・料理がうまい
・音楽がすき
・寒いところの生まれ
・妹の事はイリアス、と普通に呼ぶが、何か諭したりする時は、イリーと呼ぶ。妹の前では、僕と言う
・亡き両親が冒険者であり、その遺志をつぐ為世界樹へ向かう
・親の事を踏みにじられる(悪く言う)と見境がなくなる
・本当はイリアスを連れて行きたくなかったが、半ば強引に、彼女におしきられる形に
・強くなっていき、段々男勝りになっていく彼女を見て、本人は複雑
・魔法の扱いに長けている

・メンバー内では攻防共に優れた、謎の生存率を誇る存在
・ユタが抜けたことにより、回復も受け持つことになってしまい、本人は大変である
「私の魔法は特殊なもの……そう簡単に攻略されてたまるか」
「私の両親を……侮辱するなんて、許さない……!動くな!お前だけは何としても殺す!!」
「大丈夫だ。……そうだろ?イリー」


イリアス(金髪?フォートレス/ダンサー)
・イリアス=シーフェス
・19歳ほど
・オレ/アタシ
・ハルダナの双子の妹
・気が強い
・という風に表は装っているが、結構中身は弱い
・泣き虫
・人の前を行きたがる
・料理へた
・ハルダナをハル兄貴と呼ぶが、動揺したりしているとハル兄(はるにぃ)と呼ぶ
・寒いところの生まれ
・亡き両親が冒険者であり、その遺志をつぐ為世界樹へ向かう
・兄から反対されてはいたが、しつこく説得した後に同行
・反対された理由のひとつが、女の子だから、というので自分が男に見えてほしいようそう振る舞う
・ただし動揺したりすると女の子らしく
・盾の扱いに長けている
・趣味(?)で鎚を振るうが結構な威力

・冒険の最初はまだ脆く、本当に盾役なのか?と疑われるも、終盤に差し掛かり安定してきた為、現在は頼りにされている
・ダンサーの業を取得した為もあり、脅威の回避率
「オレの力、見せてやる!その目に焼き付けとけな!」
「おい、兄貴!落ち着けってば!」
「ハル兄……アタシ、本当は、すんごく怖かったよぉ……」


レド(赤ずきんソードマン/ナイトシーカー)
・レドレア=ワールテッタ
・20歳くらい(双子より年上)
・お気楽アタッカー
・ボクっ娘
・大飯喰らい。肉!野菜!魚!全部ボクの物!!
・料理はそこそこ。面倒くさくてあまりしない
・何とかなるよね!精神
・たまに教訓みたいなの言い出す
・四文字以上の名前の人間に勝手に愛称つけて呼ぶ
・赤い頭巾は母の形見
・行方不明の父を捜して(目的としては薄れかかっているが)、自由きままに放浪していたところ、双子に出会い、世界樹の噂を聞き、興味本意で同行することに
・後々イリアスの親友になる
・剣の扱いに長けている
・気球の操作もうまい

・圧倒的な素早さで先陣をきる。が、火力はまあまあ
・最近二刀流を覚えた。やたら使いまくる
・盾?イリーに任せてるよ!
「へっへーん!見て見て、ボクの剣さばき、凄いでしょ!」
「お腹すーいーたーよー。力が、出ないよぉー……」
「失敗なんて、誰にでもあるよ。だから、そんな気にしちゃだめ。でしょ?」


エジア(紫ミスティック/スナイパー)
・エジアラデ=ミスティカ
・22歳
・俺
・深霧ノ幽谷にいたウロビト
・病状が悪化したテルエの代わりに、ハルダナ達と行動を共にしている
・双子の両親の事やメンバーの家族の事を知っているらしい、テルエ以上の物知り
・だがあんまり話そうとしない
・ウーファンの義弟
・ツッコミではあるが、天然でボケでもある
・常識者であったはずのユタが周りに感化されていたので、エジアが一番常識者にみえる
・イリアスとはよくいがみ合う。仲が悪いわけではない様子

・テルエの教えでスナイパーの業も使うようになる
・方陣は万能。色々頼りにされている
・事が落ち着いたにも関わらず、何だかんだでレドたちについてく
「これくらいで勘弁してやる」
「……は?おい、本気かそれ!?」
「勘違いするな、お前らの為に同行してるんじゃねーから」


リトナシア(金髪インペリアル/ルーンマスター)
・リトナシア=ヘリクリサム
・23歳
・私
・ししょーと呼ばれている
・丁寧な人
・これでもテルエの師匠
・壮絶な過去をもつらしい
・他人に頼ることを嫌う
・若干自虐的
・イリアスには僅かながら心を開いている?
・ユタが抜けたと同時期に、テルエの計らいによりハルダナ達と同行
・恋人がいたとか
・攻撃特化。その分防御を考えていない
・帝国の何気に偉い位置にいたとか
・火力は申し分ない。が、いまいちメンバーと連携がとれていない気も
「奇遇ですね。私も丁度そちらへ向かうところでした」
「大丈夫です。まだまだ……」
「私の為だなんて、言わないで下さい。私なんて……」


☆二軍以降

キサメ(水色髪ルーンマスター/未定)
・キサメ=ウナナミ
・16歳くらい
・私
・新米冒険者
・戸惑う天然
・とりあえず謝る
・語尾が伸び調子
・ルーンマスターの先輩であるハルダナに憧れている
・憧れだけで冒険者になった危ない娘
・魔法専門

・ハルダナ目指して修行中
・目標はとりあえず聖印の火力をあげていくこと
「えと……ご、ごめんなさいー!」
「はい、何か言いましたぁ?……すみません、聞いていませんでした……」
「私も皆さんみたいになれたらいいのに、と思いますー」


シルベラ(白ソードマン/未定)
・シルベラ=ハースティングル
・20歳くらい(レドと同じ)
・ボク
・遠い世界にシルバメという兄がいる
・兄を目指して剣の修行をしている
・勇敢。実に勇者らしい
・女顔だが本人は気にしていない
・レドの幼なじみ
・剣士

・若干負い目も感じるように。しかし負けない
「これよりボクらの、反撃開始だっ!」
「あはは、ボクは別に女でもいいよ」
「レド!わあ……久しぶりだね」


アルベラ(黒ナイトシーカー/モノノフ)
・アルベラ=ハースティングル(偽名)
・24歳くらい
・自分
・暗い
・ぼんやり
・猫好き
・出身も出所も本名すらも不明。飢えかけていた
・偶然シルベラに助けられた
・助けられる以前の記憶が抜けている
・名前はシルベラがつけた(実の兄ではない)

・実はとあるモノノフの女性に拾われ、育てられた子。キバガミ曰く、もういないとの事
・軽い気持ちでイクサビトの里を出、モンスターにぼこぼこにされ、その後遺症で記憶をなくし、行き倒れていたとこをシルベラに助けられたというわけだ
・本名(育ての母がつけた名)はキジガネ
・しかし本人はシルベラと共にいる事を選ぶ
「ん……どうすればいい?」
「猫……ッ!」
「何か……思い出しそう」


ユタ(短髪アナザーカラーメディック/ダンサー)
・ユターシャ=カラディック
・15歳
・僕
・ハルダナ達と行動していた
・パーティー中で最年少……だった。アリアと出会うまでは
・故に、常に敬語で喋る
・常識者、がんばり屋
・苦労人
・少女と間違えられる事が多く、本人は困っている
・かつて冒険者の医療メンバーだった母の影響で、自らも凄腕のメディックになろうと決意。ちなみに母は、かつて樹海探索中に負傷し歩けなくなっており、既に引退している
・しかし新入りは中々ギルドに入れて貰えず、タルシスにて途方に暮れていたところ、ハルダナ達に出会う
・父は彼が物心つく前に亡くなっている
・戦いはあれだけど、回復の腕は一級品

・終盤につれ、街に大量の急病人が発生するに伴い、彼らを救護する為ハルダナ達と別れる
・事が落ち着いた後は、何だか危なっかしいシルベラ達と同行することに。それなりにボケが飛び交うので本人は苦労している
・アリアに対してだけタメで話す
「ええぇぇ……ま、まだやるんですか?」
「僕は男です!全く……」
「もう無茶しないで下さいね……治すのは僕なんですから」


アリア(ピンクミスティック/ルーンマスター)仮!
・アリエイア=ピルグリマー
・14歳
・わたし
・控えめな少女
・エジアとは顔見知り程度
・かつてユタがまだハルダナ達と同行していた頃に救われたことがある
・ユタに惹かれてる……らしい
・タメと敬語が入り交じる
「わわっ……が、がんばりますっ」
「ああっ、ユタ、後ろ!」
「だいじょぶ……がんばりましょ?」


テルエ(赤スナイパー/未定)
・テルエーマス=サティニア
・25歳
・俺
・ハルダナ達と行動を共にしていた
・気さく
・豪快
・イリアスは弟(妹?)分的存在。きつく当たったり、時には励ましたり
・ハルダナとライバル意識持っているらしい
・肉好き。レドとよく取り合いになる
・危なっかしいユタを何とか援護する
・持病を患っているらしく、あまり激しく動き過ぎると咳き込んでしまう
・というのを、隠してはいるもののユタに悟られている
・ハルダナ達がタルシスに向かう途中を、獲物と間違い襲う、その後事情を聞き、彼らだけでは不安なので同行することに
・かつて樹海に入り、かなり奥まで行った事があるらしいが、嫌な思い出(以前のパーティー壊滅?)があるらしく、あまり乗り気ではない
・誰よりも樹海の危険を知っているつもり。知識もある
・弓の扱いに長けている

・しかし、深霧ノ幽谷攻略後、病状が悪化、倒れた挙げ句、パーティーから離脱する事に
・現在も宿屋で休養中。いつか復帰できるようにと食欲だけは旺盛
「おいイリアス!もちっとしゃっきりしろぉ!」
「うおおお肉!おいこら俺より先に食べんじゃねぇっ!」
「お前らにはまだまだ先があるってんだ。……もっと自分のコト、大事にしやがれ」


リエーナ(イリアスじゃない方のフォートレスアナザー/未定)
・リエーナ=ハステマ
・20歳
・ウチ
・姉御肌
・肝が据わっている
・サフレの幼なじみ
・テルエに頼み込んで同行してもらうようにお願いしている
「はいはい、守りますってば。落ち着いてー」
「ありえなーい。ウチ的には全然ありえない」
「よし、ちゅうもーく!」


サフレ(クリームダンサー/未定)
・サーフレルタ=アルダス
・21歳
・俺様
・お調子者
・リエーナの幼なじみ
・リエーナにだけは頭が上がらない
・テルエとは何か噛み合わない様子
「俺様に酔いしれるなよー?」
「冗談だっつの!お前、本気にし過ぎ」
「昔っから、こーゆーことしか出来ないからさ」
スポンサーサイト

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  エンデリアノート

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。