FC2ブログ

千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

「迫る金属音、大地を踏みしだく」【イリアス】 


エンデリアノート六ページ目。激しくネタバレ注意。(第三大地後半~第四大地後半)

よう!二回目だな!オレオレ、イリアスだぜ。何とかサギじゃないってば!
ってか!エジア!盾役なってないって言うな!オレだって頑張ってるんだぜ!?というより前衛女だけで頑張ってんだよ、こっちの身にもなれよ!!ユタはたまにモンスター殴りに前にくるけど!!
あ、でもキバガミと羊の件については謝っとく。もっとびっちびちに固めた方がいいかなあ……


それはさておき……

うん、オレたちは第三の迷宮を探索してたんだ。
ウロコうっぜー!!!なんかもうあれだ!!杭たくさん欲しい!!!
とか何とか言いながら地下三階まで来たんだよ。そしたらキバガミが一緒に来てくれることになった!頼もしいぜっ
まあ調子に乗って、カメ二体と戦ったりしたけど。

ホムラミズチうっぜー!!!入ってきた瞬間こっち来んなよ!って叫んだし……
でかい火の柱、壊すの苦労したんだぜ!まあ何とかなったけどな!ホムラミズチ弱かったな、兄貴のおかげで。兄貴つええよ!
それで巨人の心臓を手に入れたぜ!でも、何故か石板はなかった。ん?

それから、イクサビトの皆で宴?やったんだよなーっ
そしたらさ……ワールウィンドが巫女を連れ去ったとか何とか。い、意味わかんね!キバガミをつれて一旦タルシスまで帰ってきたんだけどさ。
辺境伯が何かがんばれーとか言うし……キバガミはオレたちの仲間になったぜ。

とりあえず石板もっかいさがしに行こうか?ってなったとこ、ワールウィンドの気球挺を見つけたんだ!あいつ、石板持ってやがった!追いかけるしかない!ここはレドの操縦の腕で追い付いてみせるぜ!
と、意気揚々に追いかけたはいいものの、次の大地……帝国?にきた瞬間、三隻もの戦艦?気球?に囲まれた!何だよ!
何かよくわかんないけど、相手は辺境伯を連れてこい言うし……兄貴やユタがいうように、ここは大人しく従うべきかな?

急いで辺境伯のとこへ戻ると、彼を護衛してくれって頼まれ。まあ辺境伯だけじゃあ心許ないよな、オレたちは面会場所に立ち会った。
そこには何故か厳格な姿のワールウィンドがいたんだ!全然雰囲気違う……彼の実態は帝国の騎士だとか。
本名は確かローゲル?だっけ?いきなり言われても覚えらんねーよ!!!

もう何か色々難しい事ありまくりで疲れたぜー……辺境伯は怒るし、皇子も何かおかしいし、ワールウィンド……ローゲルは襲ってくるし……
でも何か引っ掛かるんだよなあ。

とりあえず街に戻ってきた。とにかく巫女を奪還しないと!オレたちは気球挺の高度を上げようと、風が吹く書庫?にやってきた。風つええ……盾で防げないのかよこれ。
で、炎を手に入れたんだけど。帝国の奴が何か嫌味言ってきやがった!見てろよ、オレたちが奇襲してやるぜ!

で、ウィラフとかキルヨネンとかも手伝ってくれるようになって、突撃しに行く準備は出来たけど……


折角だから今までの大地探索し直したいもんな!あとモンスター狩り!
というわけでまた回ってる。そんだけ!あと経験も積まないと。


後々!サブクラス大体決まったぜ!オレとユタがダンサー!攻撃というよりは回避の為なんだけど。
兄貴はモノノフだぜ。たまに羅刹と解除繰り返してる。食いしばりが地味に。
レドは前エジアが言ってたように、ナイトシーカー。レドが……二刀流になった……
で、エジアはまだ何も。あいついつまで考えてんだよ。とか言ってたら後々スナイパーになってたな。テルエの影響か?

それから木偶ノ文庫だっけ?何とか辿り着いたってわけだ。まあその間にも金鹿図書館に出入りしてたりしたけど。
先を進んでると色んな帝国の人間から話聞けたんだよなー あいつらも色々大変ってか。うーん
本読んだり、見覚えのあるザリガニに遭遇したり……
皇子と巫女を見つけたけど、すぐに見失っちゃった。
しかも!一番厄介だったのはあの番人みたいな奴!最初はいちいち倒してたけど復活早いんだよ!もう無視した。
三階分降りたとこで、ローゲルと戦ったんだけど……
なんでまたオレが一撃で倒されなきゃなんねーんだよ!砲剣つええ……
何とか打ち負かして、ローゲルも同行してくれることになった。彼が暴走しかけたとこで、レドが皇子を一人にするな!って叫んだんだ。……一人、なあ。

その先に、皇子と巫女がいた!何か始めようとしてたけど……説得したけど……

皇子の絶叫に反応して、機械仕掛けの人形と戦うことになったんだ。堅い!
まあでも呆気なく倒したけどさ……
そしたらいきなり揺れ出して。ローゲルが慌てて外出てったから、オレらも後を追ったんだ……

今回はここまでだな。ちょっと……この先は書きづらいや、兄貴にパスする、な。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  エンデリアノート

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。