FC2ブログ

千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

「森の民、手と手を合わせて」【ユタ】 


エンデリアノート四ページ目。ネタバレ注意。


はじめまして、ユタです。今回は僕が担当させて頂きますね。
後に見返す方の為に、軽く自己紹介をさせて頂きますと……僕は、母親をついでメディックになった身なんです。でも冒険中に、母親は負傷してしまい、歩けなくなってしまったんですよ。だから僕は、母親の代わりに頑張ろうって、そう思ったんです。まだまだですが……
っと、身の上話はこれくらいにしておいて。


親書を渡しに向かう前に、僕らはとあるクエストにより、蛾のたくさんいる森に行ったんですね。でも、閉ざされた扉があったりしましたけど、結局見つかりませんでした。周り色々探したんですけどね……
後々、テルエさんが閃いて、もう一度さがしに行ったらありました。良かったです。
他にも色々ありましたよ。水源をさがしたり、白い木を見つけたり、幽霊だと思ってたものが実は自分らの姿だったり、全てを刈る者にやられかけたり……へへ……
僕はまだその一回しか倒れていないんですが、皆さん相当大変そうですもんね。僕なんてただ皆さんの治療くらいしかしてないですもん……頑張らなくちゃ。

他に特筆すべきことは……とある冒険者を追って、カエルがたくさん住む迷宮に訪れたりもしましたね。歩きづらいの何の……
そこでレドさんがザリガニ見つけたんですよ。そこでイリアスさんがまず手伸ばしたんですが、逃がしてしまいまして。次にテルエさん、レドさんの順に挑戦してみましたがこれまた失敗。え、僕とハルダナさん?や、やってないです……
諦めて先へ進みましたよ。はい。結果的に冒険者の方は助けられたからよかったです。

あれ、書く順序間違えたかもしれないです……親書を届けようと、里に向かったのですが、何やら様子がおかしくて。その場に居合わせたワールウィンドさんに伺ったのですが、何でも、巫女さんが拐われたとか。ウーファンさんは急いで追いかけに行ってしまって……ワールウィンドさんも行ってしまいました。行くしかないですよね。

下で更に色々ありました。ホロウ関係のものが多かったですね。ホロウの術は厄介です……
虚像をテルエさんが撃ち抜いてくれたおかげで、不意打ちを喰らわなくて済みましたし、どうしても術に惑わされるのに悩んで、ハルダナさんが言うように後ろ向きでホロウに突っ込んだり……端からから見ると奇妙な絵面ですよね。

そうして階段近くまで来た所で、再びワールウィンドさんに出会いました。彼は深手を負っていて、もう戻ると言って街へ戻って行きました。ウーファンさんは下に行ったそうで。嫌な予感がした僕らは、急いで下へ向かったんです。

そこには、ぼろぼろになりながらも瞑想をしているウーファンさんが。僕らが近づくと、彼女は色々と語ってくれました。自分の弱さを。
僕らを非難していたのも、嫉妬からだったらしいんです。ずっと巫女さんの側にいた自分より、僕らと打ち解けている様子に対して。
わかりますけど……ちょっとつらいですね。彼女はそのまま項垂れてしまいました。どうしようかと悩んでいると、レドさんがすかさず、彼女に手を差しのべたんです。それから笑顔で、いっしょに行こう、って。
レドさんの通りです、ここは皆さんで力を合わせないと。僕たちも互いに口を揃えて言いました。すると彼女は一瞬戸惑っていたようですが、すぐに笑顔になって、同行してくれる事になりました。正直びっくりしましたけど。

それで進んでいくと……とあるウロビトが佇んでいたんですが……話しかけようとすると、彼はもう生き絶えていたんです!そのまま崩れ落ちたかと思えば、後ろに隠れていたホロウ四体に不意打ちに遭いました。そこまではまだ良かったのですが……
近くにビックモスが二体いたんですね。……はい。
お察しの通りです。乱入されました。逃げるわけにも行かず、何とか踏ん張りました……レドさんとイリアスさんとウーファンさん(今気づいたんですが、前衛が皆女性ですね。あれ……?)がことごとく倒れてしまうので、連続でリザレクトかけたり、ハルダナさんの火力は申し分ないのにアムリタを二つも使わなくちゃいけなくなったり……散々でした。何とかなりましたけど。


一旦街に引き返して、地下三階を再び探索してました。すると凄い大きなホロウを見つけました。その足元には巫女さんが。ウーファンさんが彼女の名を呼びながら走って行ってしまったので、僕らも急いで戦闘体制に。

そこで致命的なミスをしてしまいましてね……指示ミスで、最初は技を繰り出せなかったんです(つまりオート戦闘にしてしまった)。
それでも何とか粘ったんですがね……気付けば時が戻っているようでした。(全滅した。)ウーファンが駆け出す、その瞬間に。

首を捻りながらも、僕らは再び挑みました。相変わらずホロウの回避率ははんぱないです……

ようやく打ち負かした時、巫女さんは目を覚ましたようです。ウーファンさんと抱きあってました。全部、彼女にはわかってたらしいです。


タルシスに戻り、僕らは巫女さんとウーファンさんと、辺境伯に会わせました。ようやく、彼らとの間に盟約を結ぶことが出来たんです。
ウーファンさんも、仲間になってくれました。
えっと……実はこの時色々あったんですが……長くなるので、テルエさんに任せますね。彼、大丈夫でしょうか……
スポンサーサイト

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  エンデリアノート

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。