FC2ブログ

千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

黒い燕と夜の姫 


どこか遠い、果てなき世界のおはなし。

空から砂が崩れ落ちる双子の星の上に

黒き死の燕がいました

彼は世界を渡り 多くの生き物の魂を喰らいました

それが彼の仕事であり 存在理由だったのです



ある時 彼は仕事の中で 可愛らしい夜の姫に出会いました

その願いをきいてしまった燕は

彼女を死の淵から助け出すのです

お姫様の記憶と引き換えに――



一度はお姫様を殺そうとした死の燕は

「その願いを叶える為」という約束の下に

全てをかけてお姫様を守ると誓いました



黒い燕と夜の姫――

記憶の砂を巡る二人の旅




――――――

「巡る惑星、死の彼岸」

輪廻の、世界。

スポンサーサイト

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  小説

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。