千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

上へ上へと。続く階段を踏みしめて。 


「最下層」


塔があった。塔内に部屋は見当たらない。あるのはただ上へ上へと続く、螺旋状の階段。気がつけばその最下層にいた。
他に行くべき所もない。僕は一歩一歩、足場を確かめていくように階段を登り始めた。

階段を登っていると、途中、蒼白色の、長い髪をした少女に出会った。
彼女はこちらに気付くと一気に階段を駆け降り、その勢いで僕の体に飛び付いてきた。思わず後ろへ転がってしまいそうになったが、何とか持ちこたえる。

視線を落とすと、碧く透き通った少女の瞳がこちらを見つめていた。
どうしたの。僕が問いかけると彼女は、この階段の上を目指しているのか、というような趣旨の疑問を投げ掛けて、首を傾げる。僕は少し考えて、とりあえずは、と答えた。

すると少女は僕の背後に回り込み、背中をよじ登っていた。別に払う理由もないので好きにさせておく。
僕の頭に顎を置いて、肩車状態になった少女は次に、自分も同じだから一緒に行こう、と手をぱたぱたさせた。

そんな勝手に決めつけられるのは少々気に食わないが、やはり断る理由もない。
僕は明らかに寛いでいる少女を肩に乗せ、再び階段を登り出した。


……つづく。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  小説

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。