千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

『ふしぎなせかい』第六話 


第六話。

なんで先に公開してるんだよ・・・!(

→第七話
イチジクは言った。

「この国では、幾多のアトラクションがあります。簡単に言えば…遊園地みたいなものですね。しかし、ここは他の遊園地とは違います。この国の住人達は日々、それらを攻略する為に挑戦しているのです。ここを訪れた旅人さん達も、こぞって参加しています。ここは、アミューズメントパークとも呼ばれているのですよ」

…なるほど、見渡す所コーヒーカップ、メリーゴーランド、ジェットコースターなどなど…たくさんのアトラクションが目に入る。
どこもかしこも、大勢の人で賑わっている。パレードで流れてきそうな軽快な音楽も流れている。
風船を持った着ぐるみが、子供に風船を渡していたり、
コーヒーカップを回しすぎて、目を回している大人がいたり。
子供も大人も老人も、
男性も女性も、
身分も地位も関係なく
みんながみんな、アトラクションを楽しんでいる。………というより、のめり込んでいる。
彼らは全員、ここの国民なのだろうか。
まるで全員が子供のようだ。
…まあ、三人にとってはこんなアトラクションにのめり込むなんてことは到底あり得ないのかもしれないが。

「………」

ミユウは黙ったまま歩き(若干苛々している模様)

「おー」

エルトは少しだけ興味を持ちながら(多分やる気はないだろうが)

「……美味そう」

カシューはアイスクリーム屋さんをじっと見つめていた(エルトが歩いているので目で追う感じ)

イチジクは続ける。

「何故、国民がアトラクションに挑戦したがるか。それは、高得点を弾き出す為です。全てのアトラクションにおいて、高得点を叩き出した人には、この国の次の王様になれるのですよ」
「へー、凄い制度だね…」

エルトが相づちを打つ。それと同時にパレードも始まった。幸いこの道は封鎖されないみたいで、パレードが始まっても気にせずに、三人は歩く(カシューは歩いてないので)。

「…ん、待って。ここって王様いるの?」

エルトが不意に、イチジクに問いかける。
ミユウはさっきからずっと口を開かない。やはり気に入らないのか、この現状に。

「ええ。しかし、今は“不在”です」
「あれ?」

イチジクの答えに、エルトは首を傾げる。カシューが転げ落ちそうになるがなんとか持ち堪えた。

「だから王様を決めるのです」





そんなことを聞いているうちに、小さな広場に着いた。中央には噴水もあり、たくさんの人が戯れている。

「ここが休憩所です」
「………」

イチジクの言葉を聞き、ミユウが怪訝そうに噴水を見る。
ツッコミたくなったのはきっとミユウだけじゃない。

「……ここは宿屋?」
「ええ、しかし……あら、エルトさんとカシューさんは?」
「?」

そう言われて後ろを振り返るミユウ。
そこに二人の姿はない。

「…………勝手にどこ行ったのよ」

そうして不機嫌なまま、イチジクを呼んで、二人を探しに行く。





「カシュー君待ってよ!」

エルトが走っていくカシューを追いかける。
カシューは何だか怯えているようだ。

「嫌だ、俺は…俺はあの二人に会いたくないいい!」

そんな事を言いながら。

よく分からないが、先程のイチジクの話に出てきた、高得点をとりまくっているという黄色とオレンジの事なのだろう。
しかし、どうしてそれほどまでに恐れるのか。
そうしてお化け屋敷のエリアまでやってきた。
まさかカシューはその中に入っていくつもりなのか…!?

「そーはさせないですー」
「逃しはしないですー」

そこに、聞いた事がない二つの声が混じる。
次の瞬間、カシューは二人の丸いのに捕らえられていた。二人に上に乗られている感じ。
その大きさは明らかにカシューよりも小さい。

「確保ですー」
「討ち取ったりですー」

そうしてその二人が喋る。
何ともほんわかした口調、しかし言ってる事は何だか純粋じゃないのだが。

「うわあああ上に乗るなお前らー!」
「カシさんが下になってる時点で終わりですー」
「それが運命というものですー」

まるでトランジスタに埋もれてしまった時のように悲鳴をあげるカシュー。エルト、呆然。

「………えっと、これはどういう事…?」
「エルト、このミィリィコンビ何とかしろ!」
「ミィはミィルって名前ですー」
「リィはリィルって名前ですー」
「間違えんなですー」
「ひっぱたくですー」
「わわわ、止めろこの天使もどき!」

更にエルトはどうしていいかわからなくなる。
一体何なんだろう……

…何だかうるさい奴らがやってきたようだ。





――――――――――――

ごめん、短い。

だってネタが…ッ!(←蹴

がんばれ、きっときりあーならなんとかしてくれるさ……!(

てなわけでがんば←
スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

>なんで先に(ry

A.よらたんがおそいから☆(*´∀`*)

きりあ #- | URL
2009/11/23 10:03 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://tinklelucker.blog16.fc2.com/tb.php/330-00e60b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。