FC2ブログ

千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

せかいかん(Z) 

昔々、遠い昔に
小さな町に、特別な双子の子供が生まれた
一人は純白の翼を持つ子
もう一人は漆黒の翼を持つ子
二人は本当に特別な存在だった
相反するはずの白い子と黒い子が
同時に生まれてくるなんて事はありえなかったからだ




「これは世界に対する反逆だ」

そう人々に言われ
例の双子の親は処刑された
それと同時に人々は
双子をそれぞれ別の地に送った
純白の翼の子は、はるか上空の上に
漆黒の翼の子は、はるか地中の下に
全てが引き離され
全てを失った
そんな彼らが望むのは、

『世界の崩壊』

……いつしか彼らは
壊れかけた世界を揺るがす“支配者”となる




彼らは“天使”と“悪魔”として
二つの支配を生み出した
人々を精神的に傷めつけ、崩壊を促す天使
人々を身体的に傷めつけ、崩壊を促す悪魔
いつからか、仲の良かったはずのお互いは拒み合い
忌み嫌い、終いには
“天使と悪魔が互いに憎み合う”ようになる
何故、このような事になってしまったのか
何故、これ程まで変わってしまったのか

その答えは、真紅の薔薇“ROSE”にある




紅い殺人鬼“ROSE”
出会った者全てを殺めていく
とんでもない殺人鬼
その剣は真紅に染まり
その眼は血のみを映す
彼が通った後には
素晴らしい程素敵な、
真っ赤な薔薇が咲く
それ故彼は、こう呼ばれるのだ




そんな殺人鬼を、放ってなんかおけるはずがない
天使と悪魔の双子は、“ROSE”を止めようとした
しかし、逆に反り討ちに合ってしまう
天使はその甘さ故、彼に傷めつけられ
悪魔はその冷酷さ故、彼に狂わされ
結局、二人は彼を止める事が出来なかった
その事件からだった

天使と悪魔の隔絶は――




天使は天上に、リッテルと言う名の大国を築いた

悪魔は地中に、インフェルと言う名の大国を築いた

双方の凄惨な支配を受け続けた地上は

次第に荒れ果て、壊れた世界となった

いつの間にか

天使と悪魔が、人よりも偉い存在となっていた

「地上人なんか愚かな種族だ!」

そう言わんとばかり

壊れかけた世界のはじまりだった




それから数年の時が経ち
“ROSE”は未だに生きていた
悪魔は、彼に罰を与えるべく
彼をインフェル(牢獄)に堕とす事にした
それは本当に容易い事であった
今の絶対的権力を持つ悪魔なら
地上人(愚者)である殺人鬼など相手ではなかったからだ




インフェルに堕とされた“ROSE”
積もりに積もった恨みを晴らす為
悪魔達は“ROSE”の記憶を消し去り
永遠に牢獄の中で苦しめてやろうと考えた――しかし………




悪魔にだって、良いヤツはいる
とある悪魔が、彼を助けたのだ
彼はこう言った

「このクリスタルを持っていれば、君はきっとその答えに辿り着く」

答えとは何か?
このクリスタルは一体?

多くの謎を与えられた彼は
地上へと還された




地上の世界
しかしそれは“ROSE”のいた時代から数百年が過ぎていた
しかしそんなもの彼には分かるはずがない
彼は“ROSE”ではなくなった
彼の名前は“ロズ”
空から堕ちてきた天使、コレットによって
そう名付けられたから

記憶を失ったロズは
自分が何故インフェルに堕とされたのか
その答えを捜す為に
“この世界で生きる”事にする、と




……そのクリスタルには
何故か天使と悪魔が宿っていた
故にロズは、天使と悪魔という相反する存在を
内に秘めているということになる
天使も悪魔も嫌うロズは
その力を拒むのだが
次第にその力を行使するように

………その天使と悪魔の正体は、間違いなく“ROSE”であるのだが
スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://tinklelucker.blog16.fc2.com/tb.php/311-986200a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。