FC2ブログ

千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

堕ちて朽ちていく、何もかも 

今日からパソコン出現率減ります。

土日見れるかなー程度です

しかし更新はする(

ポケモンはぁ

もんぶらん、ジョン、たんぽぽ、めりぃ、まいけるは36レベで

ルギア捕まえてきました

だからなんでこんなにレベル低いんだorz

しかもハイパーボール一発という奇跡←

なんか怖い(´・ω・`)

んでルギアに、ぽせいどんって名前をつけてしまった自分はもう終わってる(

ぽせいどんは45です

ポケウォーカーで捕まえたぴかちゅうの数が怖い(

しかし誰もボルテッカーとかそらをとぶ覚えてない…

いるのは普通のとじたばたぴかちゅう←

まぁ…そんな感じです





んでバトン。

ソラさんからだよん
…そららんって呼んでいいですk(

ちなみにあんま喋らなそうなキャラでもちゃんと喋らすから大丈夫なのでs(殴

*トークバトン*
このバトンはキャラになりきって質問に答えて(トークして)貰います。

<指定>
リシュア→ヒロインっぽい立ち位置。しかしあんまヒロインっぽくない。主人公と接点が少なすぎるからかなぁ。リミットの事が好きっぽいなーって素振りは見せるくせに実際どうなのかよく分からない。あわあわすると意外と可愛い。
リミット→昔は途中まで師匠と一緒だったが色々あり一人で旅をしてた。ちょっと素直じゃない。イジられやすい。一体君は誰が好きなんだい?そう問われ続けて配達人や妖術師に壊されちゃえばいいじゃないか!←


①二人の関係は?

リミット「仲間」
リシュア「……えっと…」←?
リミット「…何なんだよ。…もしかしてお前、そう思ってないとか…」
リシュア「いえ、そんな訳ありません。黙って下さい」殴る
リミット「…いってー」←頭抑える

何故殴る(´・ω・`)

②相手が小さくなっちゃったらどうする?

リシュア「そうですね。まずは細かいところの掃除でもしてもらいたいです」
リミット「Σ明らか雑用」
リシュア「何を驚いているんですか?本当の事言っただけですよ」
リミット「いや、その……扱いが酷いn」
リシュア「分かりました」再び殴る
リミット「だから何で殴るんだよ…」←頭抑える

あれ、リミたん答えてない…?

③次の日、相手の性格ががらりと変わっていたらどうする?

リミット「…例えば?」
リシュア「リミットがラックかディカノみたくなるとか」
リミット「……それは嫌だ;」
リシュア「私こそ嫌ですよ。あんな厄介なのが増えるのはもう耐えられません」←厄介?
リミット「そんなずけずけと……俺はもう少しお前が大人しくなればいいと……どうした?」←リシュアの視線に気づく
リシュア「……もう言わなくても分かりますか?」←笑顔でしかもオーラが怖い
リミット「………;」

怯えっぱなしではないか\(^o^)/

④初めて出会った時の第一印象は?

リミット「めちゃくちゃ怖ぇ」←即答
リシュア「素直で無い事くらいですかね、すぐに分かったのは」
リミット「だってあの時、いきなり刀でパンサーを殺ったと思ったら俺に向けて刀向けるし」
リシュア「そうでしたね。しかしあの時私が見ていなければ貴方はパンサーに殺られてましたよ」
リミット「う……挙句の果てに俺と手合わせしようとか言い出すし」
リシュア「一太刀でも入れられたら貴方の勝ち、というルールでしたっけ。かなり苦戦してましたね、三刀流のくせに」
リミット「………でも最終的には勝っただろ」
リシュア「その間、何回私に太刀を入れられたと思ってるんですか」
リミット「……………何でお前はそんなに…」←傷つく

過去話を載せてないからなぁ
今度載せられたら載せますわ(

⑤普段、一緒にいたらどんな事をやりますか?

リミット「…普段…ねぇ」
リシュア「そういえばあまり意識してませんね」
リミット「…俺はお前に殴られっぱなしな気がするんだが;」
リシュア「多分気のせいです」←
リミット「………」
リシュア「他にはまあ…こうやって話してますかね」
リミット「あんま人と話したくない…ぐはっ!?」
リシュア「その人間不信、どうにかしてください」←蹴った
リミット「今度は蹴りかよ…ッ!」
リシュア「殴ってませんよ?」
リミット「いやそーじゃなくて…!」

リーちゃんは蹴り技も得意(

⑥二人で泊まりがけで遊びに行きたい?

リミット「別に行ってもいいけど…お前どこ行きたい?」
リシュア「はい?」
リミット「いや…俺、これといって行きたいってとこ無いからさ。お前が行きたいとこ行けばいいだろ?」
リシュア「…そう言われましても…」戸惑い
リミット「………なんか行きたいとこあるか?」
リシュア「…………いえ、特に…」
リミット「ふーん…つまんねー」
リシュア「…(そんな…いきなり言われても…)」

リミたんは気付かないうちに人の気を引いてしまう(^ω^)←

⑦どっちがSでどっちがM?

リミット「決まってんだろ。俺そんなに小さくないからな」
リシュア「…どういう事ですか?」
リミット「…あれ、服のサイズの話じゃないのか?」
リシュア「違いますよ。なら私はどちらでしょう?」
リミット「な…何で疑問形?」
リシュア「貴方には分からない事が山ほどあると言うことですよ」
リミット「………いや、それ、お前も分かんないんじゃ…」
リシュア「何か言いました?」
リミット「………いや」

…ポケモンの話。ポケスロンでアカネちゃんが言ってたんだけど突然MかSかって聞かれた時に服のサイズとは思えなかった自分って一体\(^o^)/←

そしてその後、Mっぽいな…って台詞にうぇえ!?ってなった(

⑧相手の弱み知ってる…?

リシュア「それはもうたくさんと」←
リミット「は…お前の弱み?…あんま無いよな…」
リシュア「リミットの弱みでも言ってみますか?お化けとか素直じゃないとかマフラー引っ張られる事とか…」
リミット「ストップストップ!ちょ、俺そんなに弱みあんのかよ!」
リシュア「まだありますよ言いますか?」
リミット「…結構。ううっ、何かお前の弱み無いのかよ…」
リシュア「ありません」
リミット「…うう、何かあったような……思い出せない…」

そんな必死にならなくても^^;

⑨相手に好きって言われたらどうする?

リシュア「……ッ!?」
リミット「…いや…それはその…困るというか…なんというか……」
リシュア「……///」

はっきりしてくれませんね二人共(-ω-`)

⑩もし相手の性別が逆転したら?

リミット「リシュアが男に…怖ぇ…ぶはっ!?」←吹っ飛ぶ
リシュア「悪かったですね」←やはり殴った
リミット「いつつ…何で…」
リシュア「…リミットが………?」←
リミット「…一体何想像してんだよ」
リシュア「何でもありません殴りますよ」←
リミット「いや、何も聞いてない。だから…殴るな!」若干涙目

コイツらなんなんだ一体

⑪お疲れ様でした。次の人へバトンタッチして下さい

リミット「ううう…疲れた……」
リシュア「まだバトン回してませんよ」
リミット「んと、そーだった。じゃあ…再びリターンでロウとセゼハって奴とか」
リシュア「…相変わらず人選がおかしいですね。…既にやっているのならスルー可ですよ。…もうこんな時間ですか」
リミット「仕方ねぇな…何かおごってやるよ」
リシュア「…はい?」
リミット「………やっぱやめた」
リシュア「…………」

リミット は よぞらのほし に なりました▼←

リシュア「お疲れ様です」←




ちなみに今日からバトンを回してもらっても気付かないかもしれません

しかし普通に回しちゃっても良いですよん←
スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://tinklelucker.blog16.fc2.com/tb.php/259-2ea45903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。