千泡沫庭園

幾つもの泡沫から為る、どこか懐かしい庭園へ。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ぷろふぃーる

さいしんきじ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

せかいのおはなし 


とーちゅあす。
せかいのおはなし(まだ未完成)

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  世界観(T)

はろう・まいわーるど 


「夢世界とは、幾多もの世界と共有されている、独立した空間である」


とか言ってみる。
詳しく言ってみるなら、もし、らっきょ達が別の世界の人(ごっです登場人物等、または他所さん宅のお子さん)と交流するなら、夢世界でしか出来ない。という事です。裏を返せば、夢世界なら何だって出来る。
時間だって、場所だって。
運が良ければ過去を傍観することだって。未来は見ても未来だってわからないけど。

そんな自由な空間。
まあ、望んでなるわけじゃないけどね。
一度「舞台」が決められれば、後は行動も自由。ただしそれは、守人が定めた決まりを守りさえすれば、の話。
守れなかった時には……さあてどうなるでしょう?
守人にも規則はあって、辿る結末は同じ。

ちなみに、夢からさめてもある程度までは忘れたりしない。それは、守人が許しているから。約束。
明らかに何かの核心に触れるような事までは「持ち帰る」ことを許されてはないけど。

心が動いている。
身体までは夢世界に入り込めないから、そこで出会った人は、心で会話している。だから妙にその人の素が出てきたりする。

こんな風に複雑なんだ。だから管理する人がいないとすぐめちゃくちゃになっちゃう。守人さん責任重大ですわあ。





まあ、夢の影の話が終わるまでは、まだ不可能だったりします。あくまで、この物語を終えて、新しく可能になる要素。今の本編時間軸では夢世界はなんか混乱してそれどころじゃないようです。
少し夢の影の内容に触れるところもあったりぎりぎりなんですがまあ大丈夫だと判断したので。これを先に言っておかないと。
ん、本編で、夢世界って単語出したっけ?あれ…まあいいや。
安易に想像出来ますしね。


これでもやもやも晴れるかな、と。
異世界とはどうやって繋がるんだろう、と考えていたらこんな訳のわからないことになりました。

一応とーちゅあす本編の長編ひとつひとつは独立(?)した話なんですけどちょっと繋がるところがありますよーとか。
あそこで何をしたからここがあーなって、今回の話を引き起こしてしまったーとか。
あくまで比重はそこまで無い……はず。関連しているやつを知らなくてもさほど影響はないような。

全てを語り終えたら、また何か見えてくるかも!しれない。途方もありませんがねー。





まあただそれだけです。

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  世界観(T)

三つの輪に包まれた、丸い天球 


それなりに考えてみましょうりあるたいむで(?)

ごっですのお話については世界のはじまりから考えているはずなのに、とーちゅあすはいつのまにか出来ていた。

突然出来た世界とな…

というわけで思ったことをうだうだ呟くお時間です。


……思ったことをそのまま述べているだけなので、かなり脈絡はなくなります。

-- 続きを読む --

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  世界観(T)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。